ダイエットと睡眠時間の関係

 

寝るだけでダイエットができるって最高だと思いませんか。本当に寝るだけで痩せるなら、こんなに楽なダイエットはありません。何だか信用できないような気もしますが、いろいろなデータで検証してみるとどうやら、睡眠ダイエットは可能なようです。

 

睡眠とダイエットの関係性

実は、睡眠時間は短いと太るデータがあるのです。海外の大学の研究の結果なのですが、平均睡眠時間である7時間を基準として、6時間、5時間、4時間の睡眠時のどれぐらい太ってしまうのかを示すデータがあります。6時間睡眠の時は23%増、5時間睡眠の時は50%、4時間睡眠の時は73%も肥満の確率が高くなります。

 

また、睡眠時間が少なく寝不足の状態では、甘い物を食べたくなるというデータもあります。これって、怖いことですよね、自分の意思とは関係なく、甘いものを欲してしまうなんて。何となく、寝不足でぼぉ〜とする感じがするときには、糖分を摂るとでシャキッ!とするイメージはあります。

 

ホルモンの観点から睡眠ダイエットを考える!

食欲に関係する2種類のホルモンがあります。それは、「レプチン(痩せホルモン)」と「グレリン(肥満ホルモン)」です。レプチンは脳の満腹中枢を刺激して食欲を抑えてくれるホルモンです。グレリンは空腹時に胃から分泌され、血糖値を上昇させ食欲を感じるホルモンです。この2つのバランスが崩れてしまうと、痩せたり太ってしまったりするのです。

 

睡眠時間が少ない人のほうが、レプチン(痩せホルモン)が減少し、グレリン(肥満ホルモン)が増加するというデータがあります。ホルモンの観点から考えてみても睡眠時間が少ないと太りやすくなってしまうのです。

 

研究データからも睡眠時間が少ないと太ってしまうのは、明らかなようです。寝不足は体がエネルギーを貯めようとするして、代謝を落とすからだと考えられています。確かに寝不足は、良いコンディションではないことは確かです。カラダが危機的な状態を感じている証拠なのかもしれません。

 

また、長時間の睡眠を摂ることで空腹の時間が長くなり、プチ断食にをすることができます。半日ほど何も食べないでいると、デトックス効果も期待できます。

 

睡眠時間が長いと痩せるメカニズム!

 

毎日、規則正しく7時間30分以上の睡眠を取ると体のリズムを整えられ、レプチン(痩せホルモン)が適切に分泌され空腹を感じることが減ります。食べたものもしっかりと消化してくれます。ただし、長く寝れば良いわけではなく、寝過ぎると太ってしまうというデータもあるようです。

 

眠っていると成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンは、疲労回復と同時に代謝を促進してくれます。しっかりと眠ることで痩せるのです。

 

成長ホルモンは、最初の3時間をしっかりと眠ることで一気に放出されます。この時に深い睡眠状態にあることが条件になってきます。

 

ぐっすりと眠るために、寝る前はリラックス、体温を上げ眠気を誘うことが重要です。スマホなどのブルーライトは、刺激が強く質の良い睡眠の妨げになってしまいます。寝る前にスマホを触ることは我慢しましょう。

 

寝るだけでダイエットなんて、楽過ぎますよね!